Loading...

一般耳鼻咽喉科

一般耳鼻咽喉科について

耳・鼻・のどの症状のことなら、当院にお気軽にご来院相談ください。

耳の病気

中耳炎

中耳炎は、耳の“中耳”に細菌やウイルスなどが感染して炎症が起きたり、液体が溜まったりする病気です。中耳炎は赤ちゃんや子どもに起こりやすく、5~6歳までに8割程度がかかると言われます。小さな子どもでは耳の痛みを訴えず、症状らしきものが発熱だけのこともありますので、耳を気にしている様子が見られたら、早めに診察を受けましょう。

外耳炎

外耳炎とは、耳介(外側に出ている耳)と鼓膜までの外耳道を合わせた外耳(言わば、耳と耳の穴)に、炎症が生じる病気のことです。
外耳炎の原因は、中耳炎と同じく、細菌(主にぶどう球菌)や真菌(カビなど)、ウイルスの侵入・感染です。通常、耳は病原菌やウイルスが侵入しても感染まで進展しないケースのほうが圧倒的に多いのですが、耳かきのし過ぎで外耳道に傷が付いていたり、また不規則な生活などのために体の抵抗力が落ちていたりすると、発症の可能性が高くなります。

めまい

めまいは体のバランスが崩れたときに起こる症状で、原因疾患にはさまざまなものがあります。
耳鼻咽喉科領域でよく扱うめまいは、「メニエール病」です。
目が回って、立っていられない。まわりの景色がぐるぐる回る(回転性めまい)などとともに、耳鳴りや難聴、耳閉感などの症状があれば、メニエール病が疑われます。

耳鳴り

耳鳴りがどうして起こるのかは、今もってよくわからないのが実状です。
耳鳴りを訴える人には、何らかの聴力障害を持っている方が多いのですが、検査上は正常でも耳鳴りを訴える場合があります。
聴覚系の異常が、外耳、中耳、内耳、聴神経、中枢神経のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。また、過労やストレス、心因的な要素によっても耳鳴りは強くなったり、弱くなったりします。

難聴

難聴とは聴覚が低下した状態のことで、突発性難聴、騒音性難聴などがあります。耳鳴りをともなうこともあります。

耳垢(耳あか)

耳垢とは、空気中の埃、皮膚の残骸、および外耳道の耳垢腺というところから出る分泌物などが混ざり合ったものです。
外耳道に耳垢が詰まった状態を耳垢栓塞と言い、耳の閉塞感、難聴、耳鳴りなどを起こしたりしますが、そうは言っても、耳掃除は1ヶ月に1~2回で十分です。耳掃除の際には、清潔な綿棒を用いるのが安全です。どうしても耳垢が気になる方や、粘性の耳垢の方、お子さんやお年寄りなど、耳垢が詰まりやすい方は、数ヶ月に一度、耳鼻咽喉科にご相談ください。

補聴器

聴力は一般に30歳代を境に衰え始め、特に高音域から低下していきます。高い音が聞こえにくくなると、母音は聞き取れるものの、子音が聞き取りづらくなってきます。
補聴器を使う前に、日常の聞こえ方について改めて思い返し、まずはご自身の聴力の状態を正確に認識することが大切です。

鼻の病気

副鼻腔炎

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。風邪の症状が出てから1週間ほどしてから、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、この疾患は発症します。膿のような鼻汁が出たり、頬や目の奥の痛み、頭痛、頭重感、発熱などをともなったりすることがあります。この急性副鼻腔炎が、治らずに慢性化した病状を慢性副鼻腔炎と言います。がんこな鼻づまり(鼻閉)をきたし、よく「蓄膿症」と称されます。

鼻血

鼻、特に鼻腔からの出血のことです。医学的には鼻出血と呼称されます。
子どもの鼻血は日常よく見られますが、その原因としては、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻風邪などがあります。これらの病気のために鼻の粘膜が荒れて出血したり、鼻水や鼻の痒みのために鼻をよく触って、その粘膜を傷つけ、出血したりもします。
成人では、高血圧や肝硬変、腎不全など、全身性疾患のために出血しやすくなっていることもあります。また、月経時に鼻血が出やすくなる女性もいます。鼻のがんや白血病などの血液の病気で鼻血が出る場合もありますが、そうしたケースは稀です。
鼻血が命にかかわるようなことは滅多にありませんが、出血がなかなか止まらなかったり、大量だったりした場合、また鼻血を頻繁に繰り返すようなら、耳鼻咽喉科を受診してください。

鼻中隔彎曲症

鼻中隔(びちゅうかく)が強く曲がっているために、いつも鼻が詰まって口呼吸やいびき、匂いがわからない、などの症状がある場合を鼻中隔彎曲症と言います。頭痛、肩こり、注意力の減退、鼻血などの症状が出ることも、しばしばです。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があると、その症状はさらに強くなります。

嗅覚障害

鼻がつまっているわけでもないのに、鼻が利かなくなる疾患を嗅覚障害と言います。
匂いは鼻の奥にある「嗅粘膜」に“におい物質”が付着し、嗅神経を刺激して大脳に伝わります。この経路のどこかに障害が起これば、人は匂いを感じなくなります。

のどの病気

扁桃腺炎

扁桃腺炎とは口蓋垂(のどちんこ)の左右に一個ずつある口蓋扁桃に、ウイルスや細菌による急性の炎症が起こる病気です。
健康な人でも、扁桃にはもともと、いろいろな細菌が潜んでいます。風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけとなり、いつもはおとなしい細菌が悪さをして急性扁桃腺炎を発症します。風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身の倦怠感、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。これが扁桃腺炎の特徴的な症状と言えます。
なかには急性扁桃腺炎を頻繁に繰り返すケースがあります。これを反復性扁桃腺炎と言いますが、年間4~5回以上も起こすようなら、全身に及ぼす影響が大きいので、そうした方には扁桃摘出術をお勧めしています。

のど、声の異常

のどの使い過ぎによる一時的なのどや声の異常は心配無いのですが、そうした状態が数ヶ月も続く場合や、徐々に進行する場合、また反復して起こる場合などは、原因を特定するために、耳鼻咽喉科医にご相談ください。

口腔乾燥症(口の乾き)

口腔乾燥症とは、唾液の分泌が低下して、口が異常に乾いた状態のことを言い、“ドライマウス”とも呼ばれます。広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状のすべてを指すことになります。
軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリ感が出て、う蝕を生じ、歯垢を増加させ、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量が低下し、口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては、不眠をきたすこともあります。

その他の病気

かぜ

のどの痛み、咳、鼻水、発熱、くしゃみ、頭痛などを主症状とする「かぜ」は、ごくありふれた病気でありながらも、よく「万病の元」と言われるように、かぜを発端にいろいろな病気に進展しかねません。中耳・鼻・のどの病気は、そもそもはかぜから始まる感染性の病気が多いものです。
たかがかぜと侮らず、症状が気になりましたら、早めに受診なさることをお勧めします。特に小児と高齢者のかぜは重篤な症状に至るケースもあり、要注意です。

インフルエンザ

かぜとインフルエンザは、似ているような印象を受けますが、症状も原因も明らかに異なります。
「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスへの感染によって起こり、普通のかぜよりも急激に発症し、症状が重いのが特徴です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。通常は、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。しかし気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全に至るケースもあり、油断出来ません。

住所 東京都江戸川区東葛西6-11-3
電話番号 03-3680-0304
駐車場 駐車場3台有り
最寄駅 東西線『葛西駅』中央口から徒歩約6分
休診日 月曜・祝日
※祝日は不定期の為、お問い合わせください。
※尚、診療時間につきましては往診、研修、会議、緊急手術などで変更になる場合がありますのでHPまたは電話にてご確認ください。
09:30~12:30
16:00~18:30
09:30~12:30
16:00~18:30
20:00~21:30
09:30~12:30
16:00~18:30
09:30~12:30
16:00~18:30
20:00~21:30
09:30~12:00
(人数制限あり)
14:00~16:00
09:30~12:00